微男微女

日常の考察

【読書記録】超短編! 大どんでん返し/小学館文庫編集部 編

「超短編! 大どんでん返し」を読みました。いろんな作家さんの2000字の小説が30編おさめられている本です。 「これぞどんでん返し!」というものもあれば、「これは一般的などんでん返しとはちょっと違うけど確かにどんでん返しではあるかな」というものも…

【読書記録】理由あって冬に出る/似鳥鶏

似鳥鶏さんの「理由あって冬に出る」を読みました。「理由」の読み方は「わけ」です。 あらすじは以下本の後ろに書かれたものを引用します。 芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい——吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなければならないのだが、…

【読書記録】方舟/夕木春央

夕木春央さんの「方舟」を読みました。 Twitterで話題になっていてずっと気になっていた本です。今日買い、今日読了。ページをめくる手が止まらず、あっという間でした。 以下、帯に書かれているあらすじを紹介します。 友人と従兄と一緒に山奥の地下建築を…

【読書記録】探偵が早すぎる/井上真偽

井上真偽さんの「探偵が早すぎる」を読みました。上下巻あります。 父親から莫大な遺産を相続した女子高生が親族から命を狙われるのですが、犯罪が実行される前に探偵がトリックを見抜いていくという斬新な設定で、非常にテンポよく物語が展開されていきます…

【読書記録】火車/宮部みゆき

宮部みゆきさんの「火車」を読みました。 本の裏側に載っているあらすじを引用します。 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して——なぜ彰子はそこまで…

【読書記録】記憶の果て/浦賀和宏

浦賀和宏さんの「記憶の果て」を読みました。上下巻あり、少し長めです。 主人公は大学進学を間近に控えた安藤直樹。彼の父親が自殺するところから物語は始まります。父親の書斎にあったパソコンに「安藤裕子」と名乗る人工知能があらわれ、会話をするうちに…

【読書記録】連弾/佐藤青南

佐藤青南さんの「連弾」を読みました。 あるクラシックコンサートを聞いた男の死体が都内の公園で発見され、二人の警察が捜査をします。その関係者を訪れる過程で、徐々に真相が明らかになっていき……というお話で、最後には狂気に満ちた人間の本性が暴かれて…

【読書記録】屋上のテロリスト/知念実希人

知念実希人さんの「屋上のテロリスト」を読みました。 この作者の方の本を読むのはこれが初めてです。お名前は以前から知っていて、ミステリーを主に書かれている認識だったのですが、この小説は私の中ではミステリーというよりサスペンスでした。 第二次世…

【読書記録】べらぼうくん/万城目学

万城目学さんの「べらぼうくん」を読みました。 「べらぼうくん」は万城目学さんが浪人時代から小説家としてデビューするまでを綴った奮闘記です。 このブログでは主に小説の読書記録を書いてきましたが、今回はエッセイです。実はもともと私はエッセイも大…

【読書記録】片眼の猿/道尾秀介

道尾秀介さんの「片眼の猿」を読みました。 盗聴専門の探偵を職業とする三梨という人物が主人公で、ある楽器メーカーの調査をしている際に殺人事件に巻き込まれてしまい……というお話。 この作者さんの小説は何冊か読んでいて、怖くてゾッとする描写のある作…