微男微女

日常の考察

【読書記録】medium 霊媒探偵 城塚翡翠/相沢沙呼

相沢沙呼さんの「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」を読みました。 ミステリランキング5冠、という謳い文句に惹かれて手に取った本で、死者が視える霊媒・城塚翡翠と、推理作家・香月史郎が連続死体遺棄事件に立ち向かうお話です。 実を言うと、途中まで城塚翡翠の…

【読書記録】三千円の使いかた/原田ひ香

原田ひ香さんの「三千円の使いかた」を読みました。 ベストセラーで本屋さんでもよく見かけ、気になっていた本です。 御厨家の女性四人がそれぞれお金とどう向き合っていくか、というストーリーで、自分とまったく同じ境遇の人は登場しないのですが、読みな…

【読書記録】向日葵の咲かない夏/道尾秀介

道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」を読みました。 以前も書きましたが、この方の文章はスッと頭に入ってくるので、本当に読みやすいです。ただ、読みやすいのはあくまで「文章」で……「内容」は……ある意味読みにくかったです。私、怖いのが苦手なので。 …

【読書記録】叙述トリック短編集/似鳥鶏

似鳥鶏さんの「叙述トリック短編集」を読みました。 前回の「推理大戦」に続き、また似鳥鶏さんの作品です。気に入った著者の方の小説は、他のも読みたくなりますよね。 タイトル通りですが、これは叙述トリックの短編が複数入っている小説です。短編にはど…

【読書記録】推理大戦/似鳥鶏

似鳥鶏さんの「推理大戦」を読みました。YouTubeでおすすめしている人がいて、気になっていた本です。 内容は、 「問題」を一番早く解いた人に聖遺物が与えられるという、聖遺物争奪ゲームに天才たちが参加する。果たしてどうなるか。 というものなのですが…

【読書記録】カエルの小指/道尾秀介

道尾秀介さんの「カエルの小指」を読みました。 この前読んだ「花と流れ星」がすごく良かったので、同じ作者さんの本を手に取ってみた、という経緯です。 【読書記録】花と流れ星/道尾秀介 - 微男微女 元詐欺師の主人公が、ある中学生のために大掛かりなペ…

【読書記録】青少年のための小説入門/久保寺健彦

久保寺健彦さんの「青少年のための小説入門」を読みました。 タイトルから、小説の書き方を教えてくれる指南書かな、と思ってしまいそうですが、実はいじめられっ子とヤンキーがコンビを組んで小説家を目指す青春小説です。 あっと驚く展開はないものの、飽…

コロナ感染から1年が経過しました

コロナに感染してから1年が経過しましたが、まだ倦怠感と息切れの症状が消えません。 という報告のブログです。 倦怠感は日によって強かったり弱かったりします。特に上半身の症状が重いです。 息切れは歩いた時だけ出る症状で、距離が短ければあまり問題は…

カメ子の性別は、たぶん……

カメ子は赤ちゃんの頃、性別不明でした。店員さんからもミシシッピニオイガメの性別は成長しないとわからないと言われていて、オスかメスかわからないまま育ててきました。 でも、カメ子が我が家に来てから2年半以上が経過した今は、性別が判明しています。…

【読書記録】花と流れ星/道尾秀介

道尾秀介さんの「花と流れ星」を読みました。 滑らかでストレスなくスルーッと読める文章。私が読んできた本の中でもトップ3に入る滑らかさです。そして意識しなくても自然に映像が頭に浮かんできます。文章が巧いってまさにこういうことなんだなーと思わさ…