微男微女

日常の考察

【読書記録】いけない/道尾秀介

道尾秀介さんの「いけない」を読みました。怖かったです。 事前情報として、 ・体験型ミステリー小説であること ・三つの章(&終章)から成り、章末には写真が載っていること ・その写真を見ると真相が浮かび上がり、物語ががらりと変貌すること がわかって…

【読書記録】invert 城塚翡翠倒叙集/相沢沙呼

相沢沙呼さんの「invert 城塚翡翠倒叙集」を読みました。「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」の続編で、三つの中編ミステリーが収められています。 殺人を犯した犯人を城塚翡翠が追い詰める話です。 どれも犯人視点で描かれているので、ついつい犯人に感情移入して…

【読書記録】密室殺人ゲーム2.0/歌野晶午

歌野晶午さんの「密室殺人ゲーム2.0」を読みました。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編なのですが、王手飛車取りを読む前にこの2.0を手に取ってしまい……結果、やはり続編を読む場合は、その前の作品をちゃんと読んでおくべきだと思いました。最後…

【読書記録】カラスの親指/道尾秀介

道尾秀介さんの「カラスの親指」を読みました。 以前読んだ「カエルの小指」はこれの続編です。 ストーリーは、 詐欺を生業として生きる中年二人組のもとに一人の少女が舞い込み、さらに同居人が増えて五人と一匹になり、彼らが人生を懸けて大がかりなペテン…

【読書記録】殺し屋、続けてます。/石持浅海

石持浅海さんの「殺し屋、続けてます。」を読みました。 以前、第一巻の「殺し屋、やってます。」を読んだことがあり、これはそのシリーズの第二弾です。650万円で殺しを請け負う殺し屋が主人公のお話なのですが、殺し屋は依頼人とは直接会わない体制になっ…

【読書記録】眼球堂の殺人 ~The Book~/周木律

周木律さんの「眼球堂の殺人 ~The Book~」を読みました。 どういうお話かというと、 天才建築学者がつくった眼球堂に各界の天才が集められ、そこで事件が起こって閉じ込められてしまいます。数学者の十和田只人が解決に向けて頑張るのですが、その間にも次…

【読書記録】medium 霊媒探偵 城塚翡翠/相沢沙呼

相沢沙呼さんの「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」を読みました。 ミステリランキング5冠、という謳い文句に惹かれて手に取った本で、死者が視える霊媒・城塚翡翠と、推理作家・香月史郎が連続死体遺棄事件に立ち向かうお話です。 実を言うと、途中まで城塚翡翠の…

【読書記録】三千円の使いかた/原田ひ香

原田ひ香さんの「三千円の使いかた」を読みました。 ベストセラーで本屋さんでもよく見かけ、気になっていた本です。 御厨家の女性四人がそれぞれお金とどう向き合っていくか、というストーリーで、自分とまったく同じ境遇の人は登場しないのですが、読みな…

【読書記録】向日葵の咲かない夏/道尾秀介

道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」を読みました。 以前も書きましたが、この方の文章はスッと頭に入ってくるので、本当に読みやすいです。ただ、読みやすいのはあくまで「文章」で……「内容」は……ある意味読みにくかったです。私、怖いのが苦手なので。 …

【読書記録】叙述トリック短編集/似鳥鶏

似鳥鶏さんの「叙述トリック短編集」を読みました。 前回の「推理大戦」に続き、また似鳥鶏さんの作品です。気に入った著者の方の小説は、他のも読みたくなりますよね。 タイトル通りですが、これは叙述トリックの短編が複数入っている小説です。短編にはど…