微男微女

日常の考察

教訓

「不幸中の幸い」ではなく、「不幸は幸い」

今回のブログでは、タイトルにもあるとおり、「“不幸中の幸い”ではなく、“不幸は幸い”だ」という話をします。 何のことを言っているのかというと、今の私の状況のことです。コロナ後遺症で体調があまり良くない、今の状況です。 もちろん、体調が良くないこ…

頭が働かないことのメリット

頭が働かないことのメリットってあると思いますか? 私はずっと、頭は働いた方が良いに決まっている、と思っていました。でも、ある日、頭が働かないことのメリットに気づきました。今回はそのことについて書こうと思います。 前回のブログで、利き手とは逆…

【継続は力なり】左手で300ページ書いた結果

ある日突然、利き手とは逆の左手で文字が書けるようになりたいと思い、左手で書く練習を始めました。飽き性なくせに、変にコツコツ頑張れるタイプでもあって、決意してからは毎日1ページ以上書き続けています。 最近、書いたページが計300ページを超え、ノー…

怒りの自給自足

先日、面白いワードを聞いて頭から離れないので、ブログに書こうと思います。そのワードは何かというと「怒りの自給自足」です。 怒りの自給自足とは、まだ何も発生していないのに、勝手に未来を予想して腹を立てることです。たとえば、あなたが朝、人助けを…

「後ろ向き」な理由を大切にしよう

昨日公開された新R25の記事『戦っている人ほど、ネガティブにも努力家にもなれる。中田花奈「やめよう」からの“返り咲き”のワケ』を読みました。 ざっくりとまとめると、「ネガティブ思考だからこそ、自分に満足できないから努力できる」、「常に頑張ってい…

私は大学生の頃に“転職”した

2021年4月、社会人7年目に突入しました。「7年目」なので、約6年間、社会人をやってきたことになります。新卒で入った会社に今もいるので、同じ会社で6年間働き続けたことになるのですが、実は私、入社前は3ヶ月くらいで辞めると思っていました。 3ヶ月でく…

仕事で「察してよ」をやってしまっていた

「察してよ」は駄目ですよね。私もそう思っているつもりでした。「口で言わなきゃわからない」「伝えたいことがあるなら、ちゃんと言葉で説明しよう」と。でも、実は自分が「察してよ」をやってしまっていることに最近気づかされました。しかもプライベート…

アウトプットしないと思考が停止する

ブログを再開してから約2週間が経ちました。ブログを書くメリットはたくさんありますが、今回はその中でも私に大きな変化をもたらしたことについて書こうと思います。 大きな変化は何かというと、思考の活性化です。ブログを書くようになってから、頭がよく…

転職活動中に「朝の目覚め」の最適解を考えた話

最近、転職活動をしたのですが、その中で転職活動とは全く関係のない気づきを得たので、今回はその気づきについて書こうと思います。転職活動のことをブログに書けるのは、社長にも直属の上司にも伝えてあり、「悔いの残らないように頑張って」と言っていた…

話を聞いただけでわかった気になってはいけない

今日はタイトルにもある通り、「話を聞いただけでわかった気になってはいけない」という話をします。皆さんも「自分にはこういう仕事が合う」と思い込んでいたけれど、実際に働いてみると実は全然違う仕事の方が合っていた、というような経験をしたことがあ…

「パンがなければケーキを食べる」人になろう

「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」 マリー・アントワネットが言った台詞として有名ですが、調べたところによると、マリー・アントワネット自身の言葉ではないことが判明しているみたいですね。危うく、偽りの歴史を記載してしまうところでした…