微男微女

日常の考察

コロナ感染から12週間が経過しました

タイトルの通り、コロナ感染から12週間が経過しました。

 

今回はコロナ後遺症の症状と、日々の過ごし方について書いていきます。

 

【コロナ後遺症の症状】

息苦しさが更に軽減されました。

 

家でじっとしていれば、息苦しさはありません。また、家から出ても、徒歩数分の距離であれば「少しだけ息切れする」程度で、ひどい時と比べればほとんど気にならないレベルです。

 

身体的なつらさが軽減されたことで、出かけるのが精神的にもかなりラクになりました。

 

と、順調に回復している一方で、ひとつだけ気になっていることがあります。

 

それは何かというと、ほんの少しだけですが、髪が抜けやすくなったことです。見た目には全く影響なく、本当に「ほんの少しだけ」なので今のところあまり心配していないのですが、「床に落ちる髪の毛の量がこれまでより少し多いかも?」と思う時があります。

 

平日会社に行っていない分、家の中に落ちる髪の毛の量は当然増えるはずなので、私が気にし過ぎなだけかもしれませんが……(というか、そうであってほしいです)

 

髪が抜けるのは、身体的苦痛はゼロですが、精神的苦痛が半端なく大きいので、このまま順調に、何事もなく治ることを願っています。

 

※以上が昨日8月6日のお昼までの状況で、昨日の夜から食欲がなくなり、頭がボーっとするようになりました。熱はありません。あと少しで治りそうだというこのタイミングで悪化するのはちょっとどうなんだろうと思うので、おそらく暑さによる一時的な不調ではないかと思っていますが、長引くようであればお医者さんに相談します。

 

 

【日々の過ごし方】

基本的には家でじっとしています。横になっていることもありますが、これまでよりは長い時間起きていられるようになりました。

 

家でじっとしている時間が長い中、調子が良くなってくると、自然と「何かやりたいな」という気持ちになってきます。

 

そんな時、何をするのかというと……

 

☆本や漫画を読む

☆YouTubeを見る

☆勉強(スマホで)

☆アナグラムを考える(今ハマっているだけなので三日坊主かもですが)

☆Twitter(見る&投稿)

☆ブログ等の文章を書く

☆カメ子(ミシシッピニオイガメ)の観察

 

などです。

 

じっとしていてもできることは意外とたくさんあります。

 

主にスマホを使うことが多いです。スマホにはこれまでずっとお世話になってきましたが、コロナに感染してからは特に、使用する機会が多くなりました。スマホさまさまですね。

 

全快まであと少し、引き続き頑張ります!!!(←何を?)

 

ではまた!

 

きゅうり(矢野友理)

 

 

楽天市場

楽天ブックス