微男微女

日常の考察

顔で勝負できない女は、実力で勝負するしかない

ルッキズムシリーズ第5弾(前編)です。

 

第1弾はこちら↓

サークルは可愛い子優先で - 微男微女

 

第2弾はこちら↓

職場に美人がいるとやる気出る - 微男微女

 

第3弾はこちら↓

加工して偽りの自分を作ってまで可愛く見せたいの? - 微男微女

 

第4弾はこちら↓

化粧はマナー - 微男微女

 

相関図

f:id:kyuuchan:20211013115511p:plain

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194721p:plain

やっと全ての試験が終わったー! 受験生の頃は「早く大学生になって試験地獄から解放されたい」と思っていたけど、大学生になっても勉強からは解放されないね。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001195342p:plain

それはこの先もずっと続くと思う。人生、日々勉強だから。

 

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194907p:plain

実際、社会人になってからも本当に毎日勉強で、大変よ。学生の頃の勉強とはまた少し違うけれど。私は勉強が苦手だから、勉強が得意なマイが羨ましいなぁ。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194721p:plain

(ムッ……)何それ、褒めてるつもり? 勘違いしないで。私は勉強が得意なわけじゃない。人一倍努力したの。だから今もすごく大変で苦労してるよ。お姉ちゃんは勉強が苦手なんじゃなくて、本気で努力しなかっただけだと思う。心のどこかで「そこそこでいいや」って思っていたでしょう?

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194907p:plain

…………。

 

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194721p:plain

お姉ちゃんは、私がどういう思いで勉強してきたかなんて考えたこともなかっただろうね。私は自分が顔で勝負できないと理解していたから、死ぬ気で勉強したよ。顔で勝負できない女は、実力で勝負するしかないから。これまでずっと何が何でも手に職をつけるという思いで必死に勉強してきたし、それは今後も変わらないと思う。お姉ちゃんに、そういう覚悟はなかったでしょう? それなのに、「勉強が得意」だとか「苦手」だとか安易に決めつけないでよ!

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194907p:plain……ごめんなさい。

 

 

 

f:id:kyuuchan:20211001195502p:plain

はい! 質問! 「顔で勝負」というのは、具体的にどういうことをイメージしてる?

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194721p:plain

顔が良いとそれだけで生きやすい世の中で、同じ実力でも、美人と不細工だったら美人が勝つでしょ? それはつまり、顔で勝負できるということだと思うんだよね。美人の方が年収が高くなるという話も聞いたことあるし。男性もそうかもしれないけど、女性は特に容姿が美しいほど有利で、美人は何かと得をする。美人は美人であるというだけで下駄を履いているんだよ。

 

それから、容姿の良さで男性に気に入られて養ってもらうのも顔で勝負している一例で、養ってもらうとまではいかなくても、顔で勝負できる人は「何かあったら男性に頼ればいいや」という甘えがあると思う。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194907p:plain

私はそんなつもりはないから、「甘え」と言われると悲しいな。

 

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194721p:plain

そんなつもりはないと言いつつ、下駄を履いているその状況に甘えてるじゃん。この際だからはっきり言うけど、容姿の良さでぬるく生きようとしてるのが透けて見えて腹立たしいのよ。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001195342p:plain

それはちょっと言い過ぎだよ。美人=甘えている、と決めつけているように聞こえる。社会の問題と個人の問題は分けて考えるべきで、そもそもこれは個人を責めるべきものではないと思う。容姿による贔屓や差別を問題視するのだとしたら、それは周囲の人の問題であって、容姿の良い人/良くない人の問題ではない。

 

それに、僕は容姿の良さを武器にすることは悪いことだとも甘えだとも思わない。勉強や仕事を頑張るのもひとつ。顔で勝負するのもひとつ。何にせよ、みんな自分の持っている武器で闘うしかないと思う。もっと言うと、勉強や仕事に全力で取り組むことだけがすべてではない。どういう生き方をしようと、本人の自由だ。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001195502p:plain

俺はイケメンだけど、そもそも顔で勝負するという発想はなかったなー。

 

   

f:id:kyuuchan:20211001195342p:plain

僕もその発想はなかった。顔の造形にかかわらず、顔で勝負しようと思う男性は少ない気がする。マイちゃんの言い方を借りるなら、「顔の良い男も良くない男も、実力で勝負するしかない」。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001194721p:plain

女性に顔で勝負するという発想があるのは、女性が常に顔の評価をされてきたからだと思う。男性に顔で勝負という選択肢がないのは、女性と比べて顔を評価されることが少ないから。そういう意味では、男性は「選択肢がない」というより、「その選択肢を思い浮かべずに済んでいる」と言った方が適切かもしれない。顔を採点されることがあたり前の環境にいたら、顔は生きるための武器にも足かせにもなり得るんだと嫌でも刷り込まれるよ。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001195502p:plain

男性も顔を評価されることは結構あると思うなー。女性と比べてどうなのかはわからないけどさ。

 

 

f:id:kyuuchan:20211001195342p:plain

男性が「顔で勝負」という発想になりにくいのは、マイちゃんの言うように顔を評価されることが少ないからというのも理由のひとつだと思う。あと、女性に比べると容姿が社会的な評価に影響しづらいから、「容姿が良いから、それを武器するぞ」という発想になりにくいんだろうね。

 

ただ、マイちゃんが例として挙げていた「養ってもらう」ことも「顔で勝負」に含めるとするなら、女性が男性を養うことの難しさや、男性が女性に頼ることの難しさといった、また別の問題にも目を向ける必要があると思う。

 

ところで……

 

 

後編(明日公開)に続く

 

 

以上です。

 

第1弾からこのルッキズムシリーズすべてにおいて言えることですが、これは創作であり、私の意見を主張するものではありません。もちろん、中には私の意見と一致する台詞が出ることもありますが、台詞はあくまでキャラクターの台詞です。三者三様(というか四者四様ですねw)の意見を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

ご意見や取り上げてほしいテーマがありましたら、お気軽にコメントください。

 

ではまた!

 

きゅうり(矢野友理)